Image

先取り!冬の美容法特集

11月もそろそろ終わり。あっという間に12月へ…
12月に入る前に、冬の対策していますか?
今回はこれから活用できる、冬の美容法についてご紹介していきます。

冬は特に乾燥・寒さが怖い

冬というと、乾燥と寒さが浮かびますよね。
まず、この2つについてご説明します。

乾燥
肌の表面がカサカサしたり、こなっぽくなって目立ってしまうこと = 乾燥
と捉えがちではないでしょうか?
本来乾燥とは、角質層の水分が減ることを表します。冬は室内外問わず乾燥してしまいます。
夏は冷房で過度に冷えてしまう…ということありましたよね。これからの季節は、寒いため暖房によって温めようとして汗を書いてしまうことが予想されます。
寝ている時もかいてしまう「寝汗」もですね。

特に汗に着目すると、肌表面に流れ出てきたり出てくる前に汗がひき角質層にとどまる、ということも考えられます。
角質が必要とする水分量を超えた場合、角質層がふやけた状態になってしまいます。
ふやけた角質層は、水を多く含んだ土砂崩れのように剥がれ落ちてしまいます。そのため、外から温めたり保湿をするだけではなく内側から行うことも必要になってきます。

内側から保湿も!

体は食べるものでできていると言われるくらい私たちにとって大切なのが、食べ物。体に取り入れるものを見直してより効果を得ましょう!

①タンパク質
タンパク質は肌の生まれ変わりを促進してくれます。肉類や魚類といった主食に含まれるものが多いので、もっとも取り入れやすいでしょう。
また、コラーゲンの元にもなるのでこれが不足してしまうとハリが失われる原因にもなってしまうので、過度な食事制限による不足もやめた方がいいですね。

②ヒアルロン酸
美容液やパックのパッケージでもよく見る、ヒアルロン酸。
もともと人間の体に存在している成分です。食べ物でいうと、鳥の軟骨や魚の目など日頃あまり食べないものに含まれているため、なかなか取り入れにくい成分でもあります。

③ビタミンA
ビタミンAは、動物性のものと緑黄色野菜に含まれるものがあります。
動物性のものはレバーやうなぎ。
緑黄色野菜だと、ほうれん草やにんじんといった副菜として食卓に出てくるものになります。
取り入れやすいものなので気をかけてはいかがでしょう?

④ビタミンE
ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれ、乾燥肌には良いことばかり。
ビタミンEが血流をよくし全身に血液が行き渡り、新陳代謝がよくなるため皮膚の乾燥が改善されます。
また肌にハリやツヤが出るといった効果も期待できます。
高い抗酸化作用もあるため細胞へのダメージを防ぐ効果もあります。
ごまやアーモンド、女性が好きなアボカドに含まれていますのでサラダなどに取り入れてみてはいかがでしょうか?

外側からならこれを!

楽天 シート・マスク パック部門1位
amazon スキンケアマスク部門1位
獲得したこちら、ベキュアスパ エッセンスマスク。

8種類のアミノ酸と2種類のヒアルロン酸を用いていて、ライスミルクにも着目したパックです。
こだわり抜いたオーガニックコットンによって、厚手のシートを実現。

液だれせず、しっかりと細部まで保湿を可能にしたパックでこの冬を乗り切りましょう!

Sticky
11月 20, 2018
In Blog
Tags in

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA