Image

寒さに負けない潤いお肌を手に入れる!

今年も残すところあと数か月となりました。寒さとともに美容に関するトラブル内容も変わっていきます。肌寒くなってくると、お肌のごわつきや乾燥、体の冷えなどでコンディションが悪くなってしまう女性も多いことでしょう。
こんな時こそ、日々のお手入れのルーティーンを見直し、新たなひと手間を加えてみませんか?厳しい寒さに負けない潤ったお肌で、冬のイベントを楽しみましょう♪

いつものお手入れに加えたい!パックのプチ知識あれこれ

今回は、いつものお手入れに「パック」を加えることをお勧めします。女性芸能人が使っているところをよくSNSで見かけますよね。その影響か、近年パックの種類や効果が幅広く増えています。

パックを行うタイミングは、洗顔後化粧水を軽く付けた後になります。パックには美容液をたっぷりと含んでいるものが多いため、基本的にはスキンケアの流れの中でも美容液の位置づけになります。

また、パックの使用時間はどの商品も、おおよそ5~15分となっています。パックには保湿成分が残っていますが、時間を置けば置くほど、保湿されるわけではなく、それ以上置くとかえって乾燥してしまいます。筆者はパックをしたまま寝落ちして、気づいたら朝だった…という経験もありますので、極度に眠たい時は避けた方が良いかもしれません…

そして、意外とやっている方も多いのではないでしょうか。パックを入浴中に付けるのは実は良くありません。湯船につかっている時は、パックの成分が汗と一緒に流れてしまいます。お風呂上りに着ければ、毛穴が開いているのでより高い効果が期待できると勘違いされる方もいるはずです。しかし入浴中は、開いた毛穴からどんどん汗が出てきてしまいます。そのためパックの成分が各層まで浸透しないまま、汗と一緒に流れてしまうと言われているのです…

意外な使い方で更に効果UP

パックを付けた後に、ラップなどで密封をすると、シートが乾燥しづらくなり効果が上がると言われています。最近人気の、100均で売られているシリコンのパック専用マスクは、密着感がグッと上がり、パックのずれ落ちを防止することにもなります。

また、顔に付けた後は首やデコルテにもパックを付けるのが良いです。デコルテまで顔と同じようにケアすることで、顔と首の肌質、肌色が違う….なんてことを防げるかもしれません。

vecuaはパックの種類も豊富です。その中でも効果が期待できる、注目の商品がこちら「ホーリープレジャー シートマスク 34mL×6 セット」です。

1枚のパックに含まれる美容液の量が34mlというのは、通常のパックに比べてとても多いのです。その分お肌へのフィット感が高く、くびやデコルテにも贅沢に使用することができます。これでもか!という量の美容液が、1度使用しただけでも次の日驚くほどの、お肌の潤いを導いてくれます。

皆さんもパックの様々な用途を楽しく使いこなして、今年の冬は更に美しさを手に入れてみませんか?

Sticky
10月 27, 2018
In Blog
Tags in

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA