Image

あなたのメイク道具いつからそのままですか?

夏楽しんでますか?コスメも夏を快適に過ごせるような、カラーやひんやりとした冷感のあるものコンパクトで持ち運びに最適なものなど数多くの商品が店頭にも並んでいますね。
いつもとは違う夏季限定パッケージに目がいき、ついついレジへ…なんてことも。
しかし、今みなさんのご自宅にあるコスメたち忘れていませんか?そして、毎日使っているであろうそのメイク道具たちのお手入れってしていますか?気づかぬうちに雑菌が繁殖しているかもしれません。

今回は女性の片腕とも呼べるコスメ道具のお手入れと、ベキュアでオススメのメイク道具をご紹介していきます!

よく使われるメイク道具

日々使用するメイク道具。ここで一般的によく使うとされるメイク道具をおさらいしていきます。

①パフ
ファンデーションを伸ばしたり、仕上げのパウダーで活躍するパフ。リキッドやパウダー、クリームなどファンデーションの種類もたくさんありますが毎日使うものなので一番汚れやすいとされています。

②ビューラー
カールの部分を温めることで、まつげのカールのもちをよくできるホットビューラーも人気を得ている現代。繊細なまつげとマスカラを引き立たせる役割があります。ビューラーといっても、カールの部分やゴムの部分などパーツによっても汚れが異なります。

③ブラシ
アイシャドーを入れるときや、つけ過ぎてしまったパウダーをはらう時に使用します。メインの道具ではないものの、使用頻度が高くないからこそお手入れがおろそかになりがちに。

④アイシャドウチップ
アイシャドウを入れる時に使用するもう一種類のメイク道具です。白いタイプや黒いタイプがメジャーなので、汚れが一目瞭然です。

メイク道具の汚れから起こるお肌トラブル

新品のタオルで顔を拭くのと、1ヶ月洗っていないタオルで顔を拭くのとでは気持ちはもちろんお肌に与えるであろう汚れも全く違うことがわかりますよね。メイク道具もこれと同じなのです。
コスメは新作が出るたびに買うという方も多いと思いますが、お肌に直接触れるメイク道具はなかなかお手入れが行き届かないことも…。
ではメイク道具がもたらすお肌への影響は何でしょうか?

①肌荒れ、ニキビ
パフやスポンジについている、皮脂や雑菌はそのままにしておくと肌荒れやニキビの原因になります。パフを新しいものへ変えたり、洗浄していないと白いパフがファンデーションの色に染まってしまったり時には黒ずんでしまいます。

②化粧ノリが悪くなる
この前までノリがよかったのに、暑さのせい?歳のせい?
違います。使い続けたメイク道具は微量の汗でもムラができてしまうため、以前よりもお化粧のノリが悪くなったと感じるのです。

③まつげを痛めつける
マスカラがこびりついてしまったビューラーは、カールができにくくなるだけではなくまつげを痛めつけてしまう恐れがあります。また、アイメイク時のアイシャドウがこびりついているマスカラに付着することでせっかくのお化粧も台無しに。

メイク道具もベキュアで!

ホワイト コンディショニング ファンデーション 専用スポンジパフ
こちらは通常、ファンデーションに1つ付属している、ファンデーション専用のパフです。パフは使用したらその都度洗浄するのが理想ですが、なかなか毎日洗うことはできませんよね。そんな時は、予備のパフを買っておくことで今日と明日は違うパフを使用することができます。これだと、毎朝の負担にもならずにいつも清潔なパフを使用することができます。
またこちらは、水あり・水なしのどちらでも使える両用タイプとなっています。パフ自体のきめ細かいためふわっとした柔らかな印象を作り出してくれます。

洗浄方法
1、ぬるま湯に中性洗剤をうすくとかして軽く押し洗いする。

2、洗剤が残らないように十分すすいだあと十分に水気をきる。

3、かげ干しして完全に乾かす。
※生乾きだと雑菌繁殖の原因になりますので、十分に乾かしてください。

いかがでしょうか?洗浄方法も簡単ですよね。
明日からメイク道具を見直してみてはいかがでしょうか?

Sticky
7月 20, 2018
In Blog
Tags in

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA