Image

接近戦でも大丈夫!?真夏に輝くためのお手入れ法

今年も夏がやってきましたね。楽しいイベント盛りだくさんな季節、離れている友達との久々の再会や、気になる彼との恋の進展も期待できそう….!
至近距離からでも自信を持てるお顔を目指したいものですね。いつも以上に女子力を上げていきたいところですが….夏は、日焼けや汗、メイクの崩れなど一年の中でお肌のトラブルが多い季節でもあります。こんな時こそメイクアレンジを楽しみつつ、基本となる毎日のお手入れとスペシャルケアを組み合わせながら、可愛く乗り切りましょう!

接近戦に向けた真夏のポイントメイク

まず、今この瞬間からでも始められるメイクで気を付けるポイントをご紹介します。
全体的に今の季節を生かせるのはピンク系よりオレンジ系のメイクです。特に肌なじみの良いオレンジで頬をほんのり色付けるのは、今の季節にもぴったりです。ポイントはほてったように見せること。そのためには薄く広範囲に広げるのが大切です。濃くなりすぎると顔から浮いてしまうのでご注意を。クリームタイプやリキッドタイプを使うと、さらに血色感が出るのでおすすめです。真夏の太陽を味方につけてしまいましょう!
至近距離からでも可愛く見える目元を作るには、アイラインよりもマスカラに時間をかけましょう。アイラインは気合を入れると長く太くなりがちで、男性ウケが悪くなりがちです。ナチュラルなブラウンマスカラだと、なお良いです。
仕上げには、リップでプルプルな唇に。内側から溢れるような血色感と思わず触りたくなるような唇を演出しましょう。(vecuaオススメリップ商品 ハニーラスター紹介記事はこちら)

誰もが憧れる赤ちゃん肌になるための基本

思わず触りたくなる「赤ちゃん肌」になるためには、メイク以前にもっと大切なことがあります。それは、日々のスキンケア。基本のお手入れこそ、怠らずに行うことが美しくなるための一番の近道です。顔のパーツはメイクの努力と工夫次第でいつでも素敵になれますが、元からあるお肌は明日突然スベスベにすることはできませんよね。至近距離からでも自信を持てるようになるには、長期的な努力が必要です。お手入れの際にさぼりがちなポイントとともに紹介していきます。

まず、スキンケアの基本中の基本「化粧水」。お肌に水分を与えて保湿し、表面を滑らかにしてくれます。手で付ける場合、パッティングをするよりも染み込むようになじませて使う方が効果的です。この方がお肌への刺激が少ないのでお勧めです。そして化粧水はつけすぎると「逆乾燥」を引き起こしてトラブルの元となります。スペシャルケアとしてパックをする時は15~20分間で取りましょう。潤いのあるお肌はメイクをした時に崩れにくくなるのです。夏のメイクは汗でどうしても崩れやすくなってしまうのでこれは吉報です。

次にお肌の水分を閉じ込めてくれる「乳液」を使います。乳液には保湿効果だけではなく、お肌を柔らかくしてくれる効果もあります。逆乾燥を引き起こしてしまわないよう、化粧水をつけてから時間を置かず、すぐ乳液をつけましょう。

そして接近戦の前夜は是非、普段のケアに加えてお肌にご褒美を与えましょう。そこで今回ご紹介するのが、vecuaの「クレイコンディションマスクⅢ」です。スペシャルケアが行える4種類のクレイ(泥の)マスクシリーズ「浄化」「吸収」「活性」「安定」のうち、お肌の「活性」の役目を果たしています。翌朝、ハリと潤いのある自分のお肌にびっくりすることでしょう!メイクのノリも更に良くなっていること間違いなしです。

さいごに

毎日の地道な努力と時々のスペシャルケアを与えることで、お肌は見違えるほど美しくなります。今の自分のお顔に自信が無い….!至近距離でも可愛くありたい!この記事を見て少しでもそう思ったあなたは、いつものお手入れを見直してみましょう。太陽の季節はもうすぐそこですよ!

Sticky
6月 27, 2018
In Blog
Tags in

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA