Image

マッサージをさらに効果的にするには○○がいい

長時間立っていたり、デスクワークで足がむくんでしまったり。凝り固まってしまった筋肉をほぐすために、またはリラックスタイムを過ごしたい時に行うマッサージ。

みなさんはどのくらいの頻度で、どのタイミングで行なっていますか?かっさやローラーなど道具を使って行う方もいらっしゃることと思います。

ではさらに効果的なマッサージにするためにはどうしたらいいのでしょうか?
マッサージに注目してご紹介してまいります。

マッサージで得られる効果

マッサージは一般的に静脈やリンパの流れを良くし、促進する目的で行われます。美容のためのマッサージだけではなく現在では、医療の現場やスポーツを行う前後にも用いられるようになりました。

マッサージで得られる効果は
・血流を良くする
・リンパの滞りを改善
・筋肉の緊張をほぐす
・筋肉痛を和らげる
・便通を良くする
・リラックス効果
・心の緊張をほぐす
・一時的な疲労を和らげる
など数多くあります。

マッサージでわかること

足つぼマッサージで痛みを感じるところによって、疲労が溜まっている箇所がわかったり病気の予兆がわかったりするということを一度は耳にしたことがありませんか?マッサージは様々な効果を促進するだけではなく、目には見えない体の状態をも教えてくれるのです。

マッサージでわかることは
・疲労具合
・体の不調
・臓器の健康状態
・むくみ加減
です。前回マッサージした時は痛みを感じなかった部分も、日頃から積み重なった疲労で痛さを感じてしまうことも。
自分のカラダをチェックする意味でもマッサージは重要です。

マッサージの効果を高める

今週1週間頑張ったからマッサージでスッキリして来週も頑張ろう!でもせっかくマッサージをするなら効果を高めたくありませんか?

NGなこと

1、力を入れすぎる
肌を強くこすってしまうことはお肌へかなり負担を与えてしまいます。

2、何もつけずに行う
1に共通するポイントでもあるのですが、何もつけずにマッサージしてしまうと摩擦が強すぎてお肌を痛めつけてしまします。必ずクリームやオイルなどを使用して行いましょう。

3、洗顔やクレンジングと同時に行う
時間短縮にもなるしお肌に悪いものでもないしいいんじゃないの?と思う方もいらっしゃるかと思います。しかし、洗顔やクレンジングはあくまで汚れを落とすものです。小鼻の汚れをせっかく落としたのにマッサージで顔全体に広げてしまうという恐ろしいことになるのでやめましょう。

4、リンパの流れから逆らう
リンパには流れる方向があります。逆方向へマッサージしてしまうと効果はマイナスになるので気をつけましょう。

5、吹き出物や炎症がある場合
ニキビや発疹などがある場合は悪化させてしまうこともあるので避けましょう。

効果を高めるポイント

マッサージで得られる効果を最大限にするためのポイントをご紹介いたします。

1、お風呂あがり
体の血流を良くして血行促進をすることによってカラダが温まります。そのためお風呂上がりに行うことが効果的です。

2、軽くほぐす
いきなりマッサージをするのではなく、凝り固まってしまった部分を事前に軽くほぐします。

3、オイルやクリームを使う
肌への負担を少なくするために使用します。また、香りの良いものはリラックス効果もあるのでオススメです。

ベキュアタイトリファナー

オイルやクリームを使ってお肌に負担をかけずにマッサージしたい。けどやっぱり保湿もきになるというあなたにはベキュアタイトリファナー!
これはマッサージ用美容液です。そう、マッサージのための美容液なんです!
2008年に誕生した人気マッサージ美容液が新たに生まれ変わりリニューアル。香りにもこだわり、フローラルグリーンやむスキーウッディー、ムスクノートなどの香りは心もリラックスできます。

ぜひお試しください。

Sticky
5月 12, 2018
In Blog
Tags in

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA