Image

これからの季節の最重要キーワード「UVケア」の基礎知識をご紹介!

これからの季節の最重要キーワード「UVケア」の基礎知識をご紹介!
4月になり、もうすっかり暖かくなってきました。こんな季節はお出かけするのもいつも以上に楽しみになりますよね。外出する際、皆さんはきちんと「UVケア」をしていますか?

今回は、これから夏にかけて女性の美肌の大敵である紫外線に負けない「UVケア」の基礎知識をご紹介します。

日差しが本格化する前に、ぜひUVケアの正しい知識を身に着けて紫外線に負けないお肌を手に入れましょう!

日焼け止めの効果とは?

日焼け止めの効果は「肌の劣化を防ぐ」ということです。紫外線を浴びることでお肌に与える影響は、ただ色が黒くなるということではないのです。

もちろん、色が黒くはなりますよね。それだけではなく、紫外線はコラーゲンを破壊するため、紫外線を浴びることはシワ・たるみの原因にもなります。
つまり、日焼け止めは美肌には欠かせないアイテムといえるでしょう。

SPF・PAの意味、ちゃんと理解していますか?

日焼け止めの効果をご紹介しましたが、その日焼け止めに書いてある「SPF」「PA」の意味を皆さんはきちんと理解できていますか?

それぞれの違いを理解すれば、皆さんが求める効果を発揮する日焼け止めを選ぶのに役立つでしょう。

SPF:肌の表面の色が黒くなるのをどれだけ防げるかの値 紫外線A波から肌を守ります。
PA:コラーゲンの破壊をどれだけ防げるのかの値 紫外線B波から肌を守ります。

これをもとに考えてみると、「SPF25 PA++」の日焼け止めは
日焼けを防げる時間:25×20(分)=500(分)
となり、8時間半程度日焼けを防ぐことができます。
コラーゲンの破壊を防ぐ度合い:4段階あり、++なので、高いとはいえません。

では、「どちらの値も大きければ大きいほどいいのではないか?」と思いますよね。
しかし値が大きくなるほど肌への負担も大きくなるということを覚えておいてください。

つまり、自分は日焼け止めにどんな効果を求めるのかをよく考えて日焼け止めを選ぶようにすると良いです。白い肌を保ちたい方はPAよりもSPFの値を重視して選べばよいですし、ハリのある肌を保ちたい方はPAが高いものを選べばよいのです。

ご自分の肌が日焼け止めの負担に耐えられるほど強いのか、よく考えて適切に使用することで、日焼け止めは美肌の大きな味方になるはずです!

ベキュアおすすめの日焼け止めをご紹介

SPF、PAの値の味方についてご紹介しました。ここで、ベキュアおすすめの最強の効果を発揮する日焼け止めご紹介したいと思います。

UVプロテクタ―c

この日焼け止めは「SPF50+ PA++++」の効果があります。
SPFもPAも最高の値。これを超える効果の日焼け止めはありません!

肌の表面が黒くなるのも防げますし、紫外線がコラーゲンを破壊するのも防ぐことができます。

お肌があまり強くない方にとっては日常使いには肌への負担は大きいですが、「特別な時のUVケア」としてお使いになってみてはいかがでしょうか?

通勤・通学で外を歩くようなときではなく、レジャーなどで長時間日に当たり続けるようなときに使用するのがおススメです。暖かくなってくると外に出る機会も多くなると思いますが、そこが使い時といえるでしょう。

せっかく毎日ケアしていても、たった一日外で光を浴び続けただけで、色が黒くなってしまったという経験は皆さん一度はしたことがあると思います。

そんなことにならないためにも、日常使いの日焼け止めにプラスし、もう一本のスペシャルケアとしてお試しになってみてくださいね。

Sticky
4月 08, 2018
In Blog
Tags in

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA