lip
Image

知らない間にダメージを受けているかも?春に要注意な唇のケアをチェック!

乾燥の季節、というと冬をイメージしやすいですが
実は、春は冬に次いで乾燥しやすい季節なんです。

『乾燥は美肌の大敵』とよく言われますが
唇のケアは見落としていませんか?

唇は肌の部分と比べてはるかにダメージを受けやすい構造になっています。
その要因を探っていきましょう。

唇がダメージに弱いのはなぜ??

肌のバリア機能は角質層という肌表面の層が担っています。
唇にはこの角質層が、他の肌部分に比べてすごく薄いのです。

また、汗腺や皮脂腺が存在せず、皮脂膜も形成されないため保湿機能も遥かに劣ります。

これだけで唇のケアは気をつけなければならない!と分かりますが
さらに唇は食べたり、話したり、口紅を塗ったり…と摩擦などの刺激を受ける回数が多くなってしまいます。

春は紫外線が強くなってくる季節でもありますが、
唇には紫外線を吸収してくれるメラニンを作る工場、メラノサイトが存在していません。
唇は紫外線にも弱い、ということですね。

こんなに唇がダメージに弱い、というイメージはあったでしょうか?

なんとなく、荒れたらリップクリームを塗っていれば大丈夫…なんて思っていた方もいるのではないでしょうか。

女性としては『プルプルの唇』を保っていたいもの!

では、どのようなケアをすればよいのでしょうか。

唇ケアに必要なもの、それは…

肌に一番重要なものは『潤い』です。

それは唇にももちろん共通しています。

唇の保湿のためにリップクリームを使用している方はとても多いと思いますが、
使い方に気を付けてみてください。
より、保湿効果が感じられるはずです。

honey_watery_oil-250x300@2x

(VECUAの唇用美容液 『ハニーウォータリーオイル』)

リップクリームを使うポイントは
・乾燥する前に塗る!
・縦ジワに沿って塗る!
・医薬品と医薬部外品は使い分ける!
という3点です。

最後のポイントは、
「薬用」「医薬部外品」と書かれているものは、荒れを治してくれるものではありません。
保湿して『荒れを防ぐ』ことが目的のリップクリームなので、予防のために使いましょう。

「第3類医薬品」と表記されているものは『荒れを治す』ことが目的です。
もし荒れてしまった場合は、医薬品のタイプを選びましょう!

メイクをしながらケア出来るおすすめリップ!

メイクの下地にリップクリームを塗ることで
化粧品の刺激から唇を守ることが出来ますが、
口紅そのものにリップケア成分が入っていれば心配いりません。

今回は可愛くて、しかもケアもしてくれる優秀な口紅をご紹介します!

それはVECUAの『ハニーメルティ コンクカラースティック』!

meltyconc_kissberry_01

唇の上でなめらかに伸びて、乾燥の気になる唇にもしっかりフィットするクレヨンタイプのリップ。

シアバターや蜂蜜をベースとしたメルティコンクならではのリッチな潤いで
デリケートな唇をいたわり、つけたての色鮮やかさが長続きします!

『ハニーメルティ コンクカラースティック』には
・北海道産アカシア蜂蜜
・ローヤルゼリーエキス
・シアバター
・ソイビーンズオイル
・コメ胚芽油
・スクワラン
・カロットエキス
・ローマカミツレ花油
とたっぷりのうるおい成分が配合されています!

カラーも3色から選べます!

meltyconc_kissberry_02-150x180@2x

キスベリ― 唇を華やかに彩るジューシーレッド。控えめなパール配合。

meltyconc_chiffonberry_02-150x180@2x

シフォンベリー 透明感のあるナチュラルフェミニンローズ。キラキラパール配合。

meltyconc_mochaberry_02-150x180@2x

モカベリー 柔らかな温かみを感じるモカピンク。パールは無配合です。

ケアをしながら、可愛いカラーを楽しめる『ハニーメルティ コンクカラースティック』。

是非使ってみてくださいね!

Sticky
5月 01日, 2017
In Blog
Tags in