花粉症
Image

春のスペシャルケア〜パック編(2)〜

前回の記事では、春のストレス対策として
リラックスした時間を過ごせるパックをご紹介しました。

この時期になると、多くなるのが『花粉』に悩まされる方。
鼻がムズムズしたり、目がかゆくなったり…と大変ですよね。

0130kb2016_2_29

花粉がダメージを与えるのは鼻や、目だけではないことご存知ですか?
今回は花粉が原因の肌荒れについてお伝えします。

花粉が引き起こす肌の炎症

花粉が飛ぶ時期になると、「肌が赤くなる」、「乾燥してヒリヒリする」などの
肌の炎症が気になり始める方がいるのではないでしょうか?

この肌の炎症の原因は主に2つ。

1つ目は鼻をかむ時のティッシュや、マスクを使用した際の肌への摩擦です。
花粉症の方にとっては、どちらも必須ですよね。

しかし、これらの摩擦を与えることで肌に備わっている『バリア機能』がうまく働かなくなってしまうのです。

肌の『バリア機能』とは、皮膚を外部刺激から守る機能のことです。
肌表面の角質層を構成する、皮脂膜・セラミド・天然保湿因子の3つの成分バランスが整っていると、バリア機能は正常に働きます。

角質層は、物質的な刺激によってダメージを受けてバリア機能が低下し、肌は乾燥状態になってしまいます。乾燥状態のまま、刺激を受け続けることで、肌荒れが起きるのです。

花粉症

2つ目の原因はアレルギー性の炎症です。

花粉症は、花粉を異物と認識したからだが、
異物を排除しようと免疫機能を働かせている状態です。
花粉を吸いこんだ時は、鼻水やくしゃみが出たり、
肌表面に付着したときは、肌がかゆくなったり、かぶれたりします。

花粉症の方にとっては、どちらも避けるのが難しい現象なのではないでしょうか?
では、そんな方におすすめの対策をご紹介していきます!

無理のない花粉症対策は?

ポイント1 : 肌を花粉から守る!
出来るだけ肌の露出をさけて、
メイクをするときは、パウダーファンデーションやフェイスパウダーを仕上げに使用するのがおすすめです。
保湿のために油分の多いクリームなどの化粧品を使っている方も多くいらっしゃると思いますが、花粉が付着しやすくなるため要注意です。

ポイント2 : 肌の潤いを保つ!
『バリア機能』を正常に保っていると、花粉が肌についてしまっても
炎症を出来るだけ抑えることが出来ます。重要なのは潤いです!
肌のターンオーバーを正常に機能させるために
規則正しい生活、健康的な食生活を心がけてみてください。

salmon-518032_1280

ポイント3 : 『マイナス』のスキンケア!
『マイナス』のスキンケア、と聞くとあまりいいイメージは持てないと思いますが、
肌が敏感になっているとき、スキンケアを徹底しようと新しいものを足していくスキンケアは
刺激を増やすことになるので、あまりおすすめできません。
こんな時は、一旦化粧水、乳液、美容液…といった工程の代わりにパック一つでスキンケアをしているのはいかがでしょうか?

美容成分が含まれているパックを使用することで
肌に触れる回数も減り、一石二鳥です!

VECUAのおすすめパック・マスクをご紹介します!

『リッチネスデューマスク』

ex_richnessdew-mask

乾燥によるダメージを感じた肌を、コクのあるまろやかなうるおいで、ふっくらとしたみずみずしい肌に整えます。 首用のシートで、ネックゾーンまで簡単にしっかりケアできるオリジナルのシートマスクです。

『ベキュアスパ エッセンスマスク』

essencial_mask_01

こだわり抜いて選んだ国産のオーガニックコットンを使用し、
ベキュアエステで培ったサロントリートメントのような贅沢な使い心地を実現したフェイシャルマスク。

IMG_2076

(写真:エッセンスマスクのおすすめポイント!『米美容』に着目したパックです)

こちらのヴェキュアスパ エッセンスマスクはなんと、
『VOCE 2016年間ベストコスメ マスク部門 第2位』を受賞しました!

肌トラブルが何かと多い春。
『花粉』にも負けない、健やかな肌をVECUAのパックスキンケアで手に入れましょう!

Sticky
4月 15日, 2017
In Blog
Tags in