blog01
Image

間違った使い方をしていませんか?正しい「クレンジング」の方法

今回は、メイクをする方には必須の『クレンジング』についてです。

クレンジングはご存知の通り、メイクを落とす役割を持っています。
メイクを落とさずに寝てしまうと、空気中の汚れや肌の皮脂を吸着して酸化します。
その結果、色素沈着してしまい、シミ・くすみの原因になったり、
毛穴にメイク汚れが詰まってニキビができやすくなったりします。

クレンジングは女性にとって身近であるために、
間違った使用方法が、知られている場合もあります。

その方法間違っているかも?!クレンジング方法

TC160130090I9A6530_TP_V

1)クレンジング剤は少なめだと、肌への負担が少ない?
→ 間違い!適量は商品に記載されているものです。目安は、肌の上を滑らせたとき、摩擦を感じない程度にたっぷり、です!
少なめにしてしまうと、肌への摩擦が大きくなってしまうのです…

2)クレンジング剤を肌に長時間おせておくと、汚れが落ちやすい?
→ 間違い!クレンジング剤は洗い流すもの。長くのせていると、肌の潤いを奪いかねません。

3)メイクを落とすにはクレンジングでごしごしこする?
→ 間違い!クレンジングはメイクに馴染ませて落とします。ゴシゴシしてしまうと、肌への摩擦が大きくなり、色素沈着の原因に…。手のひら全体を使って伸ばすことで、余分な力をかけずに済みます。

4)日焼け止めだけなら、クレンジングは要らない?
→ 間違い!日焼け止めの中には、洗顔料で落とせないものもあります。日焼け止めが肌に残ったままだと、肌が乾燥し、肌荒れしやすくなるので要注意です。また、ナチュラルメイクのときも、ちゃんとクレンジングしましょう!

正しい方法をチェック!

DSC00659

基本的に、クレンジング剤そのものは肌にいいものではありません。
そのため、短い時間で行うことが重要になってきます。

まず、ポイントメイクから落としていきます。
特にアイメイクはウォータープルーフのマスカラ・アイラインを
使用している方もいるかと思います。

ベースメイクと一緒に落とそうとすると、
アイメイクの汚れが混ざり、クレンジング剤の効果が薄まってしまい
肌への負担が増えることになってしまいます。

専用のリムーバーを使用するなど、工夫してみてくださいね。

ポイントメイクを落としたら、次のステップです。
クレンジングを手に取り、Tゾーンからのせて馴染ませます。
その後全体に馴染ませて、メイクをうかせていきます。

肌になじませたら、ぬるま湯で洗い流します。
お湯が熱いと、油分を余分にとってしまい、乾燥を招いてしまいます。
逆に冷たいと、ファンデーションなどにもともと含まれる油分やクレンジング剤が
固まりメイクが落ち切らないこともあります。

残るポイントは「自分にぴったりのクレンジング」を探すこと!

TSU92_shizukugaturanarumilk_TP_V

いつもどうやってクレンジングを選んでいるでしょうか。

『クレンジングオイル』が一番耳にする種類かもしれませんが、
その他にもジェル、リキッド、クリーム、ミルク、シート…と様々です。

次回のクレンジングに関する記事では、
これらの種類ごとの特徴や、違いをお伝えします!

Sticky
2月 17日, 2017
In Blog
Tags in