Image

メイクの基本「ファンデーションの使い方」

前回の記事では、ファンデーションの役割
そしてリキッドタイプとパウダータイプの違いについてお伝えしました。

今回の記事は、「ファンデーションの使い方」についてです!

ヨレやすいパウダー、どうやって使う?

前回の記事で、パウダーファンデーションの特徴として
手軽に塗れる。その反面、ヨレやすいことが欠点、とお伝えしました。

ヨレやすさを解決するには、
1)肌を整えてしっかり土台作り!
2)きれいに見えるのは伸ばす方向次第!
3)ハンドプレスで密着力をUP!
の3つのポイントに気を付けましょう。

まず、ポイント1 肌を整えてしっかり土台作り!

朝、メイクをする前にちゃんと洗顔していますか?
寝ている間に肌からは少なからず皮脂が出ています。
脂はヨレの原因にも、
また放置しておくと酸化して肌にダメージを与えるきっかけにもなってしまうので
皮脂の分泌が盛んな鼻や、あごといった部分を洗うようにしましょう。

洗顔後は化粧水などで肌を整え、余分な油分をとります。
油分をとることで密着度が高まり、ヨレを防ぎます。

下地を塗った後、すぐ塗ってしまうのもNG。
少し間をおいてからファンデーションに移りましょう。

ポイント2 きれいに見えるのは伸ばす方向次第!

スポンジにファンデーションをとり、
基本的には顔の中心→外側と伸ばします。
詳しくは、頬→顎の順で付け、
ちょっとだけスポンジに取って額、スポンジに余ったぶんを鼻に使う、という流れです。

このとき、皮脂が分泌されやすく、崩れやすい鼻・額部分はとにかく薄く!つけます。

塗るときはこすらず、「滑らせる」感覚で!
肌に摩擦は禁物です。

ファンデーションは重ねることでヨレを引き起こすので
重ね付けはあまりせず、クマやくすみはコンシーラーでカバーしましょう!

最後のポイント3 ハンドプレスで密着力UP!

ハンドプレス、その言葉の通り、手で肌を押すことです。
手の暖かさでファンデーションを肌へ馴染ませます。

ここでムラになっていないかもチェックしましょう。

また、フェイスラインを首筋に向かってなぞると
首との不自然な境をなくすことが出来ます。

ここでムラになっていないかもチェックしましょう。

また、フェイスラインを首筋に向かってなぞると
首との不自然な境をなくすことが出来ます。

これで自然な仕上がりの完成!

今回はパウダーのヨレやすさに着目して
パウダーファンデーションの塗り方をご紹介しました。

スポンジや手の清潔さにも気を付けて
自然で、きれいな仕上がりのお肌を目指しましょう!
(1か月洗っていないスポンジはトイレの床より汚い、とも言われています…)

VECUAでは2種類全5色のパウダーファンデーションを展開しています。
顔と首のさかい目の色に合わせて選ぶのがポイントです!

ふわりと明るい仕上がりで、日常紫外線から肌をプロテクトします。
スキンケアしながら柔らかな透明感ある、
パーフェクトな白肌を叶えてくれる商品です。

ヨレないパウダーファンデーションの塗り方できれいな肌を保ちましょう!

Sticky
1月 30, 2017
In Blog
Tags in

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA