honami_001
Image

夏の紫外線ダメージ、そのままにしていませんか?

日焼け止めを塗ったり帽子や日傘を使用したり、暑かった今年の夏は紫外線対策を頑張った!という人も多いのでは?しかしそれだけで満足してしまっては夏に頑張った努力も半減してしまいます。

夏にさぼってしまってあまり対策できていない人は要注意です。この記事では知っているようで実は知らない紫外線のお話をしたいと思います。

そもそも紫外線って悪者なの?

紫外線を浴びると皮膚で「メラニン」という物質が作られます。メラニンが蓄積されてしまうと、日焼けだけでなくシミやソバカスの形成にも繋がります。それだけでなく、紫外線はシワやタルミの原因でもあります。様々な肌トラブルを引き起こす「紫外線」をしっかり防ぐことは美肌に必要不可欠なのです。

日光が強ければ紫外線も強いというわけではない!

暑い日によく「紫外線が強い~!」と言う人がいます。実はそうではないのです。晴れた日に太陽から出る熱い光は、紫外線ではなく「赤外線」と言います。これは地球に届く太陽光の約半分を占める紫外線とはまた別の種類の光です。紫外線は熱を出しません。

つまり、暑いから紫外線が強いというわけではないということなのです。紫外線はあまり暑くない日、くもりの日でも降り注ぎます。熱を出さないだけでなく目に見えない光なので、私たちは紫外線の強さを判断して対策することが難しいのです…。

honami_002

ではどんな対策が必要?

日焼け止めを塗ることはもちろん、日々のスキンケアに美白アイテムを1品でも取り入れることをおすすめします!毎日コツコツ続けることで、夏のダメージはもちろん、知らず知らずのうちに秋冬に浴びている紫外線対策にもなります。VECUAのホワイトクリアローションは、美白成分だけでなく保湿成分もしっかり入っているので、これからの季節にぴったりです。

ぜひ、日々のスキンケアに美白を取り入れて、見えない敵から自分の肌を守りましょう!

Sticky
11月 08日, 2016
In Blog
Tags in